2月11日「初午いなりの日」として日本記念日協会に認定されました! | 一般社団法人全日本いなり寿司協会

2月11日「初午いなりの日」として日本記念日協会に認定されました!

昔から2月最初の午の日「初午(はつうま)の日に、いなり寿司を食べる」という習慣があります。711年 京都・伏見稲荷大社に、稲荷大神の宇迦之御魂(うかのみたま)が鎮座した日とされ、以来、五穀豊穣・商売繁盛の神様として信仰され、全国の稲荷神社で毎年「初午祭(はつうまさい)」が催されるようになりました。それを受け、当協会では、初午の日に近い祝日である2月11日を「初午いなりの日」とし、お休みの日にご家族や仲間で、縁起ものとしていなり寿司を食べていただきたい!という思いで登録に至りました!来年の2月11日には様々なイベントを企画いたします。どうぞお楽しみに♪

 

 

 

ページトップに戻る

©2016 一般社団法人全日本いなり寿司協会